ニュース一覧

エイジングケアで美肌に

顔に触れる人

美容成分を知っておく

美しい素肌を維持するためには、毎日のスキンケアが欠かせないと言われています。しかし肌は年齢と共にどんどん変化していくため、肌質や年齢に合わせて適切なスキンケア化粧品を使い分けることが美肌への近道となります。特に年齢を重ねると若い頃に比べて、肌内部の水分量や、美容成分が不足しがちになりやすいため、加齢肌に伴うトラブルを改善するエイジングケアを心がけるようにしましょう。エイジングケアを行っていく上で注目したいのが、エイジングケア成分が化粧水や美容液に含まれているのかという事です。年齢と共に肌が乾燥してしまうのは、保水効果のある保湿成分が失われてしまっているからです。そのためプロテオグリカン、水溶性セラミドなど人間の本来持っている保水成分をスキンケア化粧品で補ってあげることで、弾力とハリのある素肌を取り戻すことが可能になります。まず水溶性セラミドとは、肌のバリア機能を担っている必要不可欠な成分です。角質層の水分をしっかり挟んでキープさせることが出来る効果があり、美容液や化粧水などのスキンケア化粧品に数多く使用されています。プロテオグリガンとは、人間の肌の真皮にあたる成分です。この成分は肌の細胞を増殖させる効果があり、シワやたるみを改善するエイジングケア効果を期待することができます。最近では原液の美容液が人気になっており、化粧水前の導入液として利用すれば普段のスキンケア化粧品の浸透がぐっと高くなるメリットがあります。