ニュース一覧

無添加の意味とは

女の人

費用は高め

化粧品といってもその質はピンキリで、値段もそれこそ天と地ほどの差があります。初めて化粧品を使うという人も、何となくドラッグストアで売っているものを使っているという人も、真剣に選ぼうとしたら迷うこと間違いありません。肌によいというイメージがあるものの一つに、無添加化粧品があります。無添加と聞くと身体に悪いものが含まれていないイメージがあり、無条件によいものというイメージを持ってしまう人も珍しくありません。ですが化粧品に関しては必ずしもあてはまらないので注意する必要があります。まず無添加とは、指定されている物質が添加されていないことをさします。指定されている物質がすべて添加されていなくても、一つだけが添加されていなくても無添加なのです。そのため実は添加物たっぷりというものもあります。添加物といっても身体に害があるものばかりではないので、重要なのは避けるべき添加物を知ることです。避けるべきなのは石油系界面活性剤、タール系色素、高刺激な防腐剤や殺菌剤です。これらは肌に悪いことが確実なので必ず避けるべきです。それ以外のものは肌への相性もあるので、使ってみたり口コミをチェックしたりして確かめる必要があります。また無添加化粧品は値段が高い傾向にあります。ですが上記のように必ずしも肌によいとは限らないので、なぜ高いのかを吟味して買う必要があります。また肌への相性も人それぞれなので、まずは少量から試してみるのがおすすめです。